ケアプラン作成

ケアプラン(居宅介護支援サービス)って何ですか?
ケアプランとは、ケアマネジャーが利用者様やご家族の要望を聞きながら、安心した暮らしを過ごせるように、ひとり一人の身体の状態に合わせ、介護サービスをいつ、どのくらい利用するか計画を立てることです。
ジャパンケア21では、利用者様の希望や心身の状況、生活の環境を考えながら、また、市町村や地域包括支援センター、介護保険施設などと連携をとって、最適なケアプランを作成していきます。

介護保険で利用できるサービス

ベットや車いす、歩行器などの福祉用具を1割負担でレンタルしていただけます。
購入などと違い、汚れや故障などの場合も、無料で交換することができます。

その他利用できるサービス
・訪問入浴サービス
・訪問看護サービス
・訪問リハビリテーション
・ディサービス
    などがあります
訪問介護サービス
ホームヘルパーがご利用者様の自宅に訪問し、身体介護や生活援助のサービスを受けることができます。
福祉用具レンタル・購入
ベットや車いす、ポータブルトイレなど、日常生活の自立を助けるための福祉用具レンタルや購入ができます
住宅改修
手すりの取り付けや段差解消、スロープの設置など1割負担で工事ができます(上限20万円まで)

介護サービスを受けるためのステップ

いろいろな介護サービスを利用するためには、まず、介護認定を受けなければなりません。
ジャパンケア21では、介護保険制度の説明から申請の代行までお手伝いさせていただきます。
もちろん費用はかかりません。

  1. 申請
  2. 要介護要支援認定
  3. 介護認定審査会
  4. 認定通知
  5. 計画作成
  6. 利用開始
  7. プラン見直し

WEBからのお問い合わせ